最新記事

私達日本人は他の外国の方と比べると極端に英語が苦手なように思います。
いくつか要因はあると思いますが、学校で教えている英語は文法中心のペイパー英語ではないかと思います。
つまり聞く、話すが中心ではないという事です。
それに昔は中学生になってから英語の授業がスタートしていました。
それでは正確な発音ができるわけがありません。
塾に行っても文法中心の学習ですし。
そこで文部科学省は頭の柔らかいスポンジのように何でも吸収できる小学生の時代から授業に取り入れたのです。
中国や韓国でも小学校から教育しているらしいです。
グローバル化がますます進んでいくこれからの時代、他のアジア諸国に遅れをとってはいけません。
日本は貿易立国ですから。