最新記事

日本では、中学校から本格的に英語の勉強が始まります。
他の教科と違い、それまで受けたことない教科に戸惑う生徒も少なくないようです。
そのため、英語の教科だけを塾で勉強するという家庭があります。
最初に苦手意識を持たないように、小学校6年生から通うというケースも多くあります。
あらかじめ基本的なことを習っておくことで、中学校に入学した時に、スムーズに授業を受けることができるというものです。
学校でわからない部分を塾で補うことができ、さらに理解が進めば発展した問題をといて受験に備えることができます。
中学校3年生になったら、他の教科も塾で教えてもらうという例もあります。
また、実力をつけるためと、自分の実力の目安にもなるため、英語の検定試験をうけさせる塾などもあります。